ACE MOTOR CYCLE。

前回のあらすじ。

楽しみにしていたイベントの盛り上がりがイマイチだったため、
超凹みまくったオイラの前に突如現れた救世主。
その予想外の展開にとまどいを隠せずにはいられなかった・・・。

とまあ、訳分からないスタートですみません、Tribalです。w
実は駐車場に現在130kgさんとたぁーちゃんさんが来られているのは
知ってたんですけど、オイラが到着する頃には居ないだろうと思いこんでたんですよ。

それが何故かお会い出来たし、しかもACEフルカスタム ショベルチョッパーに
乗られてるはっさんさんも居られる・・・
この瞬間に入らないこと決定!?

どうやら皆さんこれから引っ越ししたばかりのACE MOTOR CYCLEに
行かれるらしい。
このタイミングを逃すまい!と皆さんが出発後、
オイラもACEへお邪魔させて頂きました。

と言うことで、会場から走ること10分?(道を間違えた時間は引いてあります・・・。)

ACE MOTOR CYCLEの新店舗に到着!

以前の2倍、いや3倍と言っても過言では無いぐらい広くなってます!
店舗の顔である店名部分はなんとオーナーの徳山さんの手書きです!!

店舗の向かって左側(東側)部分はショールーム。

パソコンがあったり、チェアーがあったりとかなりくつろぎやすいようになってました。

←写真をクリックすると大きくなります。

店舗の向かって右側(西側)部分は作業場。

広さもさることながら、2階がありましてリフトで単車を上げることができるらしい。
お店が広くなっただけじゃなく、
年中無休&AM11:00〜PM20:00営業になったそうです!

到着したPM3:00過ぎから夕方までにお客さんがドンドン来られてて、
今エースがどれだけ注目されているのかがよく分かりました。
(しかし、どこにも広告出してないのに皆さんどうやって
 新店舗に来られたんでしょうか?常連さん達が不思議がってましたよ。)

お店の紹介はコレぐらいにして次は皆さんお待ちかね?の
車輌の方を見てみましょう!

人気blogランキングへ

 

今のACEの顔と言えばこのパン!

完成した姿を初めて見させて貰いましたが、有無を言わさぬその存在感。

雑誌やWebで見た印象よりも数段小さいのにビックリ。
ずっとmixiで製作工程を見ていただけに人の単車とは思えません!
勝手な事言ってすみません・・・。(汗)

ホント、どこが凄い!と言えませんがとにかく凄いんです!!

この凄さを伝えられない不甲斐ないオイラを許して・・・。

そして、オイラの中でパンに並ぶACE最高傑作のショベルチョッパー。

全体的に無駄が無いそのフォルム。
フレームからタンクへとスムージングされ一体化。
もう言葉がありません・・・。

このショベルチョッパーに乗られてるはっさんさんは何と
motor square RATと言うバイクショップの店主をされてるそうです!
しかもモンキー、ゴリラ、APEなど4MINI系にお強いみたいです。
一度お店に伺ってみたいですが、モンキー買いそうで怖い・・・。w

この日、初めて徳山さんとまともにお話しさせて頂きましたが、
徳山さんは自分の考えをドンドンお客に出していくというタイプでは無く、
その寡黙で静かな佇まいの中で、お客にとっての理想形&自分の理想形を考えだし、
それを黙々と形にして行く。
数ミリの狂いにも妥協を許さない。
徳山さんは職人と言うより、アーティストな方でした。

そんなに数多くのビルダーにお会いした訳では無いオイラの言葉に
説得力が無いのが残念です・・・。(汗)

ホント色々お話しを聞かせて貰いました。
アイアンやパンの持ち主であるたーちゃんさんが言われた一言、
『ACEのカスタムは削ぎ落として行くカスタムなんだよ』
その一言がオイラの胸に今でも深く突き刺さってます。

一つ一つのパーツが主張するカスタムでは無く、
全体のバランスを考え無駄な部分はドンドン削ぎ落としていく。
そのバランスが絶妙なんだと思います。
『付けたいパーツをドンドン付けて行くカスタム』なオイラには
一生たどり付けない世界のような気がしました。(汗)

オイラにローンさえ無ければ、
この日間違いなくフルカスタムマシン製作をお願いしていたことでしょう。
それぐらい魅力的なお店でした。

(この日記の中に伝えたい言葉を詰め込んだつもりですが、
 文章力の無いオイラにはこれが限界です・・・。ご指摘等お待ちしております。w)

■最後にお店紹介■
ACE MOTOR CYCLE(エースモーターサイクル)
〒650-0014
兵庫県神戸市中央区元町高架通3-202
TEL 078-855-9500

はっさんさんのお店、
motor square RAT(モータースクエア ラット)
〒673-0846
兵庫県明石市上ノ丸1-2-16-1F
TEL&FAX 078-914-5819
URL : http://www.eonet.ne.jp/~motorsquarerat/

《追記》この日記に130kgさんが素晴らしいコメントを書き込みしてくれました。
    オイラのレポを読むより数段エースを分かって貰えると思います。

「削ぎ落とす」ってのは、外見の無駄なものをなくすってことじゃなくて、

ビルダー自身が自分のイメージを表現する為に「余計な脚色」をせずに

極めてシンプルにそれを表現しようとする「精神的な削ぎ落とし」を言っているんじゃない?
それには本質の見極めが肝心だと思うしね。

それを実現する為には、フレームの各部分やパーツなんかは削ぎ落とすどころか

膨大な作業時間を掛けて形や大きさやバランスを整え、そしてそれらを吟味して


組み上げていってると思うから、「削ぎ落とし」てつくるって言うよりも、

もっと地道な「内面からのビルドアップ」って感じじゃないかな?

しかも、全体や各部の美しさを論じること以上に、

なぜこのパーツがこの大きさでこの位置に付けられているのか・・

そんなことの方が今のエースの真骨頂だっ
たりするから、

ワシらは素直に全体をカッコイイと思うことはできても、

その理由を探すのが難解なバイクたちではあります。

自然界の全てのキレイなものや美しいものには、目に見えない理由があるのと同じように、

ただ見える部分の造形だけを観察してもわからない凄さが最近のエースにはあると思うんだけど・・どうやろか?

人気blogランキングへ

こちらの関連記事もあわせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。