スプリンガーのカスタム最新情報! Vol.05

はい、お待たせしました! カスタムレポ第5弾開始です!!
お待たせした分、内容も盛り沢山ですので、納得して貰えるはず・・・。(汗)
と言うことで、ドンドン参りましょう!

まずは、メーター。
位置は左よりに決めて、角度を決めました。
ただ、メーターのブラケットの角度が、ライザーの角度と違うのが気になります。

※分かりやすいように赤いラインを付けました。
この赤いラインが同じ角度になるようにステーを曲げる事に決めました。

次にインジケーター。
元々決めてた場所は止めて、ボゥトさんとどこにするか悩みます。
最初の案で上がったのがここ。
ボゥトさんはイイ!って言ったけど、オイラが却下。(笑)


続いてB案。
ドンドン面白い方向に向かってます。(笑)


で、決定したC案。
キターー!!
座った状態からは一番左しか見えません!(笑)
頑張れば真ん中も見えるかな?
別にインジケーター無しでも良いぐらいなので、これでOK。


違う角度でもう一枚。
そのままの形状では入らないので、サンダーで削ってあります。
(防水面は問題無し。)

と、ここでボゥトさんが一言。
『タンクが細くなったので、いらない物がいっぱいありますね~。ニヤリ』

じゃー、取りましょう!と言うことで、ホーンを取ります!
写真には残ってますが、コイルカバーも取りました。
うーん、すっきり。(笑)


残ったステーにチョークレバーをそのまま付けると出っ張るので、ステーを切断&溶接することに。
レバーの角度は真横では無くて、自分に向けてしかも斜め上に上げます。
(分かりづらくてごめんなさい。出来上がったら画像載せますんで。)


この時、HSRを仮で設置して見ましたが、タンクとのクリアランスが2~3ミリ!
んー、タンクの下げ幅ぎりぎりですね。さすがHOT-DOCK

さて、ここからが今回のメインディッシュ。
ヘッドライトの位置決めです。

まずはボゥト案。
タンクの中心のラインとヘッドライトの中心を出来るだけ近づけて、しかもステーが作りやすいと最強の布陣。
ドラッグスタイルならこの高さが良いんじゃないかな?とボゥトさん。


そしてオイラ案。
タンクの上のラインとヘッドライトの上ラインを合わせてみました。
これだとちょっとステーがめんどくさい。
いや、作るのはオイラじゃないですが。(笑)

悩みに悩んで、結局オイラの案で行くことにしました。
今回のカスタムでカスタムアドバイザーと初めて意見が合いませんでしたよ。(笑)
今写真を見ても悩んでしまう程です。

とここでタンクの高さも下がり、ヘッドライトの高さも下がったことで、ライザーの高さが気になり出しました。
このパーツを使って、ライザーの高さを変えようと思います。今の取付方法だと高さをこれ以上下げるのが厳しいんです。

今の取付方法はこちら。
ミスミのスプリンガー用ハンドルジョイントキットはそれだけで高さが3インチあります。
オイラはそこに2インチのライザーを付けてるので、計5インチ。
このパーツはジョイントキットの代わりになるやつで、しかも安い。
ああ・・・、最初からコレ使ってれば・・・。(泣)
出来れば、3インチにしたい。アクセルワイヤー等が当たるなら、4インチ。
と言っても、どんどんカスタム代が上がって行って厳しいので、
まずは2インチで行くかも。(爆)
と終わる予定だったのですが、またもや今日V-Factoryからメールが。

シートが完成しましたー。って見た目全く変わってないですが。(笑)
座り心地が良くなってるはず&防水加工もバッチリなはず。

今度の休みに見に行くのが楽しみです。
えーっと、フロントホイール&フェンダーはまだですか??
-------------------------
人気blogランキング参加中!
1日1回押して貰えるとオイラが小躍りして喜びます。(笑)

-------------------------

こちらの関連記事もあわせてどうぞ。


人気Blogランキングへ にほんブログ村  バイクブログ ハーレーダビッドソンへ Check このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す