採用確率15%。

ホントは前回の最後に入れるつもりだったネタですが、
あまりにも畑違いなので、別で更新することにしました。

 

104.フロントフォーク.jpg

V-Factoryでドンカイさんに『スプリンガーフォークに飽きた』と言ったら、
『こんなのあるよ』と出てきたのがこのフロントフォーク。

確かブラックバードか何かの物だったはず。

 

国産車に着いてたフォークをハーレーに流用と言っても簡単には行きませんが、

実はこのフォーク、以前、自分のスポに導入しようと色々加工した所で

ほったらかしにされてた物なので、装着は比較的簡単に行けそうです。

 

 

フォークの長さは大体スポと同じぐらい。

インナーチューブ径は43パイ。

幅はナローより左右1cm広く、ワイドより左右2.5cm狭い。

 

ん〜、なかなか良さそうじゃない?

 

 

 

ただ本気で使うとなると、

突起部を落とさないとダメだし、ライザー用の穴開けて、

ヘッドライトバイザーの固定方法考えて等、色々加工が必要です。

 

後はボトムケースを磨き治してパウダーコートして、

ローター・キャリパー・キャリパーサポートの作成等

お金もかなり掛かってしまいますね・・・。

 

 

ま、そんなこんなで採用確率15%てな訳です。w

これの前にまずはTTシートかな〜。

 

 

 

 

読んで貰って役に立ったor面白かったって方は、

是非クリックしてやって下さいな〜。ヨロシクお願いしま〜す!
あ、コメントでもOKですから〜〜〜〜。(と言うかコメント下さい。w)

 

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

こちらの関連記事もあわせてどうぞ。

採用確率15%。」への2件のフィードバック

  1. スプリンガー継続推進派の私としては…
    TTシートを先で!
    でも魅力的なパーツですね!想像以上に手間は掛かりそうですが…あっ!お金もか…

  2. >は〜つさん。
    あはは、やはりまずはTTシートからですよね〜。w
    まあ、このパーツ自体はいつでも付けれるでしょうし、
    取りあえずはお金貯めます・・・。orz
    誰か仕事頂戴。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。