Kawasaki MotoGPフェアに行ってきました。

オイラの口からmotoGPって単語が出てくることはほとんどありませんが、
本来は大好きな部類でございます。
と言うことで?
日曜日に開催が始まったKawasaki MotoGPフェアに行ってきました。
(何の脈略もないな。w)


会場はポートタワーの近くにある神戸海洋博物館。(川崎重工の企業ミュージアム)
単車を停めておく場所があるかちょっと気になりつつ到着しましたが、
駐車場横に15台ほど無料で停めて置けるようになってました。

入場料は大人500円・子供250円。
こちらのページをプリントして行けば大人400円・子供250円になります。
開催期間は1/27(日)〜2/3(日)AM10:00〜PM17:00。

博物館なので色々なものが展示されていましたが、
まずはmotoGPフェアから行ってみましょう!

人気blogランキングへ


 
今回は写真がホントに多いので文章より写真メインでお送りします。
(写真加工だけで1時間半越えって・・・。orz)
小さいな?とかボケてる?と思える写真は大体クリックすれば大きな物が見れます。
後、オイラに技術的な内容を求められても困ります。w
GPも2スト500cc時代までしかTVで見てません。

KR500(1982年)
#8 コーク・バリントン選手

まずは昔懐かしい車輌。
オイラの中でGPマシンと言えばこのぐらいから2スト終焉ぐらいまでなんで
とっても懐かしい感じのするマシンです。

Ninja ZX-RR(2003年)
#48 柳川明選手

2003年頃ってもう4スト全盛時代なんでしょうか?
メーターはアナログ。キャリパーがニッシンでマスターがブレンボ。
シート下に流れて来るマフラーエンドがとってもカッコイイ。
全体的に角張ったフォルムがオイラ的には最近のGPマシンよりイイ感じ。
言い方変えれば一般的で現実味あるデザインって感じ?w

Ninja ZX-RR(2005年)
#56 中野真矢選手

中野真也ってGP500で頑張ってた彼なんでしょうか?
間違いないと思いますが、もしそうなら結構いい歳のハズ。
頑張って欲しいものです。←偉そうに言うな。w

先ほどにも書きましたが最近のGPマシンってのは全体的に丸いの?
メーターがデジタル化。ブレーキはマスターもキャリパーもブレンボ。
マフラーエンドがスイングアームの根本下と見れば見るほど近代的ですね。
シートカウルの形はこの方が空力的に良いのだろうか?
ぶっちゃけ長すぎてダサイと思ったんですけど。w

Ninja ZX-RR(2007年)
#14 ランディー・ドゥ・プニエ選手

他の3台と違って目の前では見ることの出来なかったマシン。
仕様は全然分からないけど、見た感じ2005年とそんなに変わらないかな?
オイラの記憶が確かなら今のmotoGPは排気量が800ccのハズだから、
そう言う意味では別物なのかもしれませんね。(2005年は990cc。)

車体のデザインが若干イイ感じになった気もします。w
(デザインよりも速さが大事なんでしょうけどね。)


2006 motoGPのエンジンが展示されてました。
造形的な美しさは余り感じないですが、なんて言ったら良いんでしょうか
速く走るために作り込まれた美しさなんでしょうかね〜?
見ていると、ドキドキ・ワクワクしてきます。

技術的なことは全く分からないですけどね。w

巨大スクリーンで迫力あるレースシーンの映像が流されてました。

写真で見るとちゃちく見えるかもしれないですけど、実物はホント迫力ありましたよ。

各ライダーを紹介したパネルがあったり、

タイヤの説明やオイル・ガソリンの説明がしてあったりと日頃motoGPに詳しく無い人でも単車好きなら楽しく見れる内容になってました。

各マシンの前には仕様を詳しく載せたパネルも展示されてます。

会場内でクイズに答えるともれなくmotoGP仕様のチョコレートと冊子が貰えます。


思っていたより楽しめたイベントでした。
これで500円(実質400円)なら十分元取れるかと思います。
日頃触れる機会の無いGPマシンを皆さんも是非見に行ってみて下さい!

とmotoGPフェアの内容だけでもの凄く長くなってしまったので、
カワサキワールド編は明日ご報告致します。

ベスト2入りありがとうございます!!
引き続き1日1回のクリックヨロシクお願いしま〜す!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

こちらの関連記事もあわせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。